ヤミ金会社はなぜなくならないのでしょうか

ヤミ金会社がなくならない理由とは

MENU

ヤミ金会社はなぜなくならない

グレーゾーン金利が撤廃されたり多重債務者をなくすために法律が施行されたことによって、
ヤミ金会社が活動し難い環境が整って来たのにも関わらず、ヤミ金会社がなくなることはありません。

 

不当に高い金利に基づく借り入れは返済する義務がないとする判決が裁判で下されたり、
警察による悪質な金融業者の取締りが行われているのですが、常に一定数以上のヤミ金会社が存在しています。

 

これは、新たな規制や取締りに対応して、捕まらないような手口を考え出してヤミ金会社が仕事をしているために、
なかなか根絶できない事情もあります。

 

法律を改正したり警察の方針を変更するには手間と時間が掛かりますが、ヤミ金会社は臨機応変に活動をするために、
取り締まる側は後手に回ってしまうのです。

 

ヤミ金会社は特別な設備や技術などが必要とされずに誰でも簡単に始めることができて、
多くの利益を上げられることもヤミ金会社をする人が次々と現れる原因です。

 

ヤミ金会社の中には貸金業者として登録もせずに、ある程度の資金と携帯電話だけを用意して営業を始めることもあります。
後は利用者を探して、お金を貸し付けるだけで利益が膨れ上がるのです。

 

そして、ヤミ金会社を利用する人たちの問題もあります。
家庭の事情や病気などが原因となって、経済的に不安定な人たちはヤミ金会社からしかお金を借りることができないのです。
このような人たちがいなくならない限りは、法律などで規制されてもヤミ金会社がなくなることはないでしょう。